未分類

お店みたいなたこ焼きをお家で焼きたい!!!!

こんにちはしょこぺんです。

引き続きたこ焼きのお話です。

僕よく顔がたこ焼きみたいって言われるんですよ!丸いのかな!

 

この記事では、しょこぺんが愛用しているたこ焼き器をご紹介します。(愛用って言ってもまだ3回くらい)

 

しょこぺん愛用器はこちら!

Iwatani カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ!!!!

f:id:penpenpenna:20180521165239j:plain

Iwatani カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ(えんたこ) ブロンズ&ブラック CB-ETK-1

これがまた優れものなんです。

お店で食べるような「外はカリっと!中はふわトロ~」なたこ焼きが焼けるんです。

中はこんな感じ。

f:id:penpenpenna:20180521165304j:plain f:id:penpenpenna:20180521165253j:plain

カセットガスを仕様するタイプで火力の強さはオススメです!

本体とプレートを外すことができるので洗うのも簡単!

ホットプレート型だとたまに一体型のやつがあってすごく洗いづらいいんですよね、、、

 

プレートはテフロン加工なのでくっつかないのもいいですね。

 

ただ直火だけあってホントに火力強いので、ぼーとしてると焦げます笑。僕も何回かやらかしました。

 

銀だこで働いている友達から聞いた焼き方のコツ

以前、銀だこで働いてる友達にうまく焼けないと相談したらコツを教えてくれたので紹介します。

まず最初は強火にして焼きます。そうすることで表面をカリッと仕上げます。

大事なのは生地を流し入れる量なんですが、丸い枠ではなくてプレートの枠ギリギリまであふれるくらい投入します。ここで量が少ないと潰れた小ぶりなたこ焼きになってしまうんですね。

生地を入れたら弱火~中火です。

あとは根気よくテキパキとクルクルするだけなんですが、返し始めるタイミングは周りだけ焼けてたこ焼きの中心部に生焼けの生地が残っている時です。ここで焼きすぎてしまうと中がトロっとしません!

形が整い始めたら強火にして仕上げです。

プレートの場所によって火の当たり方が違うので、適度に場所を変えながら焼き目をつければ完成です。

 

penpenpenland.hatenablog.com

 

 

いかかですか?僕も最初はうまく出来ませんでしたがすぐ慣れて美味しいたこ焼きが焼けるようになりますよ!

ぜひ試してみてください!

 

 

たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組 32877

たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組 32877

 

テフロンを傷つけないためにシリコン製はオススメ!