医療・福祉

麻疹(ましん、はしか)にご注意を

こんにちは。しょこぺんです。

麻疹(ましんと読みます)(はしか)の感染が全国的になっているとニュースがありましたね。

最近はこのニュースもなんとなく収まってしまっているような気がします。メディアは芸能人のスキャンダルとか大好きでよく報道してますけど、こっちの方がよっぽど大ごとだと思うんですよね。()

感染症は予防が第一とも言われてるんですから、麻疹に限らず情報を定期的に周知することは大切だとおもうんです。

麻疹だけじゃありません。梅毒だってそうです。不特定多数の性交渉によって簡単に広がってしまうんです。

他にも感染症はいっぱいあって知らないだけで感染して広めてしまう。こういう事態が日々起こっているんです。

自分は大丈夫だからとか、感染しても治るんでしょ?みたいな人が多い気がします。

無自覚、無神経、無知、無意識などが自分だけでなく大切な人をも巻き込んでしまうかもしれないと頭の片隅にちょっと置いておいてもらいたいです。

麻疹って、、、

麻疹ってどんな病気なんでしょう。

麻疹とはウイルスによって起こる感染症(病気)です。

空気による感染、人の咳などによる感染、触ることで起こる感染など様々な経路で人から人へ感染します。

感染力がすごく強いので、マスクや手洗いだけでは予防するのは難しいので、主にワクチンの接種(注射)で予防します。

一回この病気にかかれば一生免疫(自分の体が自分を感染から守る)が持続すると言われてるんです。

でも、一回も発症してない人やワクチンを打ってない人が麻疹ウイルスに感染するとほぼ100%感染すると言われているんですね。

症状は鼻水や咳、発熱など普通の風邪のような症状から始まって。高熱が出て発疹が出ます。

肺炎なども一緒にかかってしまうこともあり侮れない病気なんです。

どうやって予防するの?

予防は基本的にワクチンで行います。

一回のワクチン接種では不十分な場合が多いので二回やります。

手洗いやうがいでは防ぐのは難しとされて入りので注意してくださいね。

麻疹にかかったかも?と思ったら。

ワクチンをやった記憶もないし、麻疹かも?って思う方がいらっしゃれば(本人でなく身近な人でも)むやみやたらに出歩かないことが大事です。

直ぐに病院に行きたい気持ちもわかりますが、まずは病院などに電話をして相談し、お医者さんの指示を聞くほうがいいです。

病院に行く際もマスクをつけてなるべく他人との接触をしないように注意しましょう。

周りの人に麻疹をうつしてしまったらより感染が広がってしまいますからね。