未分類

【もはや損!?】ふるさと納税の仕組みからオススメまでまとめて見みた

ふるさと納税やってますか?

今年から制度の見直しが図られているんですよね〜

少しでも損しないようにやるなら今ですよ!!

今日は話題のふるさと納税について

過去2年の経験を書いていこうと思います!

こちらに記事の寄稿もしておりますのでぜひ!

そもそも「ふるさと納税」とは?

ふるさと納税とは簡単に言ってしまうと

「本来自分が住んでる市町村に納めるべき住民税の一部を

自分が応援したい『ふるさと』、他の市町村に寄付する」という制度です。

返礼品ばっかり取り上げられますが、

あれはあくまで「寄付に対する市町村からのお返し」なんですよね。

ここ勘違いしてる人多い!!

無駄を減らす為にもしっかりとした理解は大切です。

だから個人の所得によって住民税が控除になる限度額(=寄付額)が変わるんです。

ぼくの場合は5万円までが対象です!

結局はぼくもお得に生活したいペンギン。

「なるべくお得な返礼品を目当てにふるさと納税しちゃおう!」

をモットーにしてますw

実際どこに寄付してなにをもらったの?

以下がぼくのふるさと納税実績です。

2017

  お米(24kg)…4万円

  牛タン…1万円

2018

  お米(6kg)…1万円

  …2万円

  ビール(2ケース)…2万円

2017年にお米頼みすぎて使い切れなくて2018年は好きなものに走りましたwww

でもこの5万円は次の年の税額から丸々引かれる(手数料の2千円はかかりますが)ことを考えると、

これだけの商品を実質無料でもらえちゃうなんてとってもお得ですよね!

「ふるさと納税」メリットだけではないのには注意!

このふるさと納税にも注意点はあります。

それは、ふるさと納税をした事実を確定申告しないと住民税の控除を受けれないということ!!!

えええ、めんどくさいじゃん確定申告なんてしたことないよ

っていう方も多いでしょう。

でも大丈夫!

ワンストップ特例」といって、

寄付した自治体が個人に代わって控除の申請をしてくれる制度もあります。

しかしこれにも注意があります。

それは、「年の途中に引っ越しをして住む自治体が変わっていると使えない」ということですね。

実際、ぼくは2017年に引っ越しをしまして

前の住所で申請したワンストップ特例は無効になってしまいました

焦って自分で確定申告することになってしまってすごく冷や冷やしたのを覚えてますw

また、申請は次の年の1/10までにしないとワンストップ特例を受けることができないので注意が必要ですよ!

「ふるさと納税」まとめ

きちんと制度さえわかっていれば

本来払うはずだった税金で色々な返礼品がもらえちゃうとってもお得なふるさと納税!

今年から制度の見直しが図られていますのでお得な返礼品を手に入れるならなるべく早い方がいいですよ!

一定以上の住民税の払っている方なら誰でも利用できる制度なので積極的に活用してみてくださいね!

ふるさと納税制度についてもっと詳しく知りたいお方は

こちをクリック!

ふるさと納税制度について紹介しているブロガーさんのサイトになります!

ではでは!

また!