医療・福祉

インフォームドコンセント

以前、インフォームドコンセントに看護師が同席する取り組みが広がっているというニュースを見かけました。

インフォームドコンセントとは、「説明と同意」というもので、患者さんにしっかりと説明をした上で患者さんの同意のもと治療、処置などを施すことを指すわけですね。手術などの同意書がまさにそれです。

お医者さんがえらいというわけではないですが、やっぱり患者側からするとちょっと壁があるように思います。(そうではない素晴らしいお医者さんも一杯いますよ!!)

医療って専門用語も多いしわからないことがたくさんありますよね。

でもそれを誰に聞いたらいいのかわからない。

聞きたいけれどもまた難しいこと言われても困る。

先生は忙しそうだしなんとなく聞きづらい。

などと、なんとなーく同意書にサインしてしまう患者さんも少なからずいると思うんです。

でもなんとなく分からないままサインするのってインフォームドコンセントを無駄にしていると思うんです。

治療によるデメリットがないとは限りません。そういったトラブルを少なくするためにもインフォームドコンセントは重要です。

患者さんが受けたい医療を適切に受けるためには十分な理解が必要なんですね。

インフォームドコンセントの場に看護師が同席することで患者さんも話しやすくなったりする場面もあると思います。

それによって患者さんが本当に望む医療を提供できたらいいですよね。

看護師だけでなくて、薬剤師や他のコメディカルスタッフもこのような取り組みに参加できるようになるとより良い医療が実現すると思いますね!

もっと勉強頑張ります!