未分類

無駄遣いしてない?格安simをおすすめする理由と安いわけ

ソフトバンクの通信障害。

悩まされた方も多いんじゃないですか?

大手キャリアに依存する意味って何でしょう?

安心?サービス?

使っている方は何かしらのメリットもあると思います。

ですが、ソフトバンクの通信障害。

大手キャリアでもあんなことになるんです。

高い利用料金を払ってまで使う意味を考えてみましょう!

格安SIM 使ってますか?

毎月1万円近くの利用料金を支払ってスマホを利用している方が多いのではないでしょうか?

その料金、月額4000円くらいまで抑えられます。

贅沢をしなければ月額2000円台での利用も可能です。

私の周りをみても格安SIMに乗り換えている人はまだ半分もいません。

大手キャリア3社で契約している人が大半ですね。

「よくわからない」「なんか面倒」「家族が使っているから」

そんな理由でお金を捨てていませんか?

私の携帯料金料金

私は楽天モバイルを利用しています。

私の携帯の利用料金は月額基本料1600円+通話料金

最近は通話を利用する機会が多く

月の総額は2500円ほどですが

それでも3000円以下に抑えています。

ドコモ、ソフトバンクも以前契約していましたが

その時の利用料金は7000円くらいでした。

毎月以前の半額以下でスマホを利用しています。

7000円×12ヶ月=84000円

3000円×12ヶ月=36000円

単純な計算でも年額48000円もお得なことになりますね!

そもそも格安SIMとは?

そもそもSIMって何?という話ですが

SIMとは?

モバイル通信や通話をするときに個人と携帯を結びつけるものですね。

SIMカードには固有のIDがあって、それが使っている人と結びついています。

携帯会社が通話料金などを請求できるのはこれがあるからなんですね!

普通、携帯やスマホの契約をしようとすると

ドコモ、au、ソフトバンクを思い浮かべる人が多いと思います。

俗に大手キャリアと言われるものですね。

大手3社ではもちろんSIMカードは扱っています。

格安SIMとは「大手3キャリアのSIMとは別ですよ!」

ってことをアピールするために付けられた俗称です。

大手3キャリアで扱われているSIMと実態は変わりません。

利用料金が安くなるだけなんです。

どこが格安の通信を提供しているの?

大手3キャリアと同等に使用できるのになぜ安くなるのでしょうか?

そしてどこが通信を提供しているのでしょう?

格安SIMと言われる通信を提供しているのはMVNOと言われる事業者です。

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは他社から回線を借りて通信を提供する人たちのことで

楽天モバイルやLINEモバイル、IIJmio、U-mobileなどがそれにあたります。

なんで安くなるの?

格安SIMがなぜそこまで安いかにはいくつかの理由があります。

他社の回線(具体的にはdocomo、auの回線)を借りているので回線の維持費がかからない

docomoなどのキャリアは基地局を増設したり、通信の開発をしたりと膨大な投資をしてサービスを提供しているので、どうしても利用料金が高くなってしまうんですね。

 

それに比べてMVNOはそこの投資が必要ないので料金を安くできるわけです。

インターネット通信に力を入れている

そもそも大手キャリアは音声通信に重点を置いてサービス提供しているんです。

キャリアは音声通話を利用してもらう電話通信事業として始まった会社なので電話を一番に使いやすくリーズナブルな価格で提供することに重点を置いています。

一方、格安SIMはインターネット事業から始まった会社が多く、インターネットをより使いやすくリーナズブルな価格で提供することに重点を置いています。

このように会社の成り立ちを考えてみると、格安SIMの利用料金が安いのも納得できますね。

格安SIMを使う上でのメリット

・とにかく安い!

・契約に縛られない

・スマホの機種の選択が広がる

利用料金が安いに越したことはありません。

よくある「2年縛り」なんてものもありません。

「スマホを新しい物にしたいけど、つい最近更新したばかりだからどうしよう…」

そんなことにならなくて済みます。笑

最近のスマホは高機能すぎるほど高機能でその分価格も高額になっています。

スマホですることはLINEやSNSぐらいだなって方も多くいるとおもいます。

そんなとき、そんな高額なスマホってなくても大丈夫なんですよね。

さらに、最近はLINEやその他のアプリで通話ができてしまいますね。

通話をリーズナブルに利用できるのがキャリアの特徴ではありますが、インターネットを利用して通話ができてしまうのであれば、キャリアにこだわる必要はないですよね!

格安SIMを使う上でのデメリットと注意点

実際に使っていてデメリットというデメリットは感じませんが、あえて考えるのであれば、

・実店舗で契約できる会社が少ないこと。

・お昼の時間は少し回線が混む。

・格安SIMを提供している会社が多くありどこにすべきか迷う。

・キャリアメールが使えない。

・自分で端末を用意しなければならない。

などでしょうか?

お昼に少し回線が混むといっても動画のストリーミングなどをしなければストレスを感じることはないですよ!安心してください!笑

キャリアメールが使えない点も今はフリーメールが多くあるので不便は感じません。

実際に使ってみて

私は楽天モバイルで契約していますが、特にストレスを感じることはありません。

むしろ楽天ポイントで利用料金を支払えるのはものすごく助かっています。

確かに、お昼時間帯に動画をストリーミングしようとすると少しもたつきますが、

そもそも、その様な場面はほとんどないので気になりませんね。

実際、最近は街中でも多くの場所でWiFiがつかえます。モバイルデータ通信に頼ることが少なくなりました。

少ないギガ数で契約し、基本的にWiFiで利用する使い方はスタンダードになってますね。

まとめ

今回は格安SIMについて書いてみました。

使用目的によってSIMを簡単に選べる時代になっています。

・大手キャリアで契約しているけど、LINEやSNSがメイン

・利用料金少しでも安くしたい

・リーズナブルなスマホでも構わない

・音声通話はほとんど使わない

これに当てはまる方は格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。